Sweet Rain

日々のあれこれ、たまに詩

2024-01-01から1年間の記事一覧

菜園だより24 ①春おこしと石灰入れ

雪が溶けて、今年も畑の季節がやってきた。 今日からしばらく良い天気が続きそうなので、畑の春おこしをすることにした。 昼食を食べて、庭に出る。気温が15度くらいあり、とても気持ちがいい。 とりあえず、狭い畑をスコップで掘り返す。 石灰は毎年貝殻…

冬囲いの撤去

今日は気温が15度近くまで上がるとのことなので、午前中に冬囲いをはずすことにした。2、3日前に大通公園の冬囲い撤去のニュースが流れていたので、ちょうどいい頃合いだ。 庭に出てみると、まだかなり雪が残っている。 今年は3月の降雪量が多く、雪ど…

「LEGEND-MM 20NIGHT」を見て、BABYMETALの現在を思う

3月30日にWOWOWで、「LEGEND-MM20NIGHT」が放映された。 3姫たちはとても楽しそうに、パフォーマンスしていて、こんな姿は今まで見たことがないような気がした。BABYMETAL史上、彼女たちはいまが一番平穏を感じているのではないだろうか。 旧3姫の時…

父の命日

昨日は父の15回目の命日だった。亡くなってから、もう15年か。月日の経つのは早い。自分が年をとるわけだ。 昨日は彼岸の中日なので、お寺の行事があり、お坊さんは3時ころに来るとのこと。 いつもどおり、母は老人ホームで手を合わせるということなの…

再生(Reborn) 2

時は流れて 私の指は氷のように 冷たくなった 隠された復活の碑はひびわれ 何も見えない深夜の森で 動物の形をした魂を 降りしきる雪に埋めてゆく (きっといつかは 生まれ変わってくるんだろう きみたち) そこには ずいぶん前にいなくなった犬もいて 遠ざか…

函館に、あの店、まだあったんだ

先週の土曜日に、昔暮らしていた函館を紹介する旅番組を懐かしいなと思いながら見ていて、その中で突然、焼鳥屋の「とん兵衛」が出てきてびっくり。この店は40年近く前に函館で働いていた時に、しょっちゅうお世話になっていた店だった。番組の中でママも…

ブログ6周年 まだまだ続けるつもりです

今日はブログを始めて、7年目にはいる日。 コロナ禍で外出することが減り、マンネリ感がひどくなってきたので、どうしようかと思っていたのだが、今年はできるだけ外に出るつもりなので、新しい話題を提供できるのではないか考えている。今のところ、私の存…

また再びの雪、奴隷労働に励む

先週、排雪が入り、家の前がすっきりしたのもつかの間、昨日から雪が降り続き、あっという間にいつもの冬景色に戻ってしまった。 家の前の道路もこんな感じ。元の木阿弥とはこういうことか。 しょうがないので、底辺労働者の苦力(クーリー)になり、除雪に励…

今年の排雪作業はグッドタイミング

数日前から、どこからか重機の音が聞こえていて、どうやらうちの町内会でも排雪作業が始まったようだった。ちょうど昨日、一昨日と北海道ではありえない気温10度の日が続き、家の前の細い雪道はざくざくで、とまった車はスタックして脱出できなくなるよう…

今年の節分は、世界の平穏を祈って豆をまいた

今日は節分。いつもなら、家内安全を願って豆をまくのだが、今年は正月から能登地震、羽田の航空機事故と不幸な出来事が続き、世界的な規模で過酷な状況がなくなりそうもないので、微力ながら人類の平穏を祈って豆をまくことにした。 といっても、小さな声で…

結局、いつもどおりの冬が来た

昨年の異常に暑い夏を経験し、ほとんど雪のない正月を終えて、今年の冬は暖冬だし、雪かきもまねごとくらいでいいんじゃないか、と思っていたら、突然の手のひら返し。 一週間くらい前から、寒波襲来。あっというまに例年通りの冬景色になってしまった。 今…

再生(Reborn) 1

熱狂はすぎさった たんたんと生きようとして 砂漠の道を歩きはじめた 青空がとても歪んでいて (夢見るカラスはどこへ行ったのか) 仕切りなおそうとしても 体は弱ってゆくばかり 私は 長い旅の途中の どこでおさまりをつければいいのだろう

悲惨な年明けと初詣

今日、近くの神社へ初詣にでかけた。 そこには例年と同じように、普通の初詣客の姿があった。 ただ、元日に能登半島を巨大地震が襲い、昨日は考えられない航空機事故が羽田で起きた。今年の日本はどうなってしまうのだろうと考えたのは私だけではないはずだ…

謹賀新年

あけましておめでとうございます。世界のあちこちで、相変わらず悲惨な戦争が続いていますが、なんとか人が人を殺さなくてよい世の中がくることを願ってやみません。 みなさまも健康に気をつけてお過ごしください。 それでは、今年もよろしくお願いいたしま…